スポーツカーだけ駐車できる歩行者天国


歩行者天国に400万元以上(約6000万円以上)のハイクラス高級のみ駐車が許可されていると
ネット掲示板に書き込みがありそれについての取材結果です。相変わらず何が本当のなのか
よくわかりません。

記事

歩行者天国に400万元以上の高級車だけ駐車 開発業者:これは風景である

最近、ネットユーザーが掲示板上で反論した。成都鷺島の歩行者天国でマセラッティー、ポルシェ
等のハイエンドの高級車のみ入ることが許可されている。一般のBMWは近くに止めることしかできない。
原因は400万元以上の車だけが駐車資格があるためである。

事実本当かどうか?昨日、鷺島国際開発業者の責任者は回答した。歩行者天国を作るとき
"スポーツカー、音楽に投資"した特色文化の為、風景としてスポーツカーは歩行者天国に
駐車できる。普通のセダンや普通の高級車は地下駐車場にしてもらいたい。ネット上で告発された。

歩行者天国には高級車だけが駐車できる"400万以下は入るな"

鷺島歩行者天国では、常にロールスロイス、マセラッティー、ポルシェが目立つように置いてある。
最近、ネットユーザーは掲示板上で、"歩行者天国には各種ハイクラス高級車が駐車している、
普通んぼBMWは全くない、歩行者天国の従業員は400万元以下は入れないと語った"と報告した。

その後、メディアの調査により、100万元のポルシエ、マセラッティー等、スポーツカーは
駐車可能であり、ジェッタ等普通車は警備員に遮られる。原因を尋ねると警備員は会社の規定
だと説明した。不動産管理会社の責任者は、価格が400万元以上のスポーツカーが駐車できると
いう規定は無く数十万元のスポーツカーも駐車できると回答した。

特色ある文化を作る "貧しさを嫌い、富を愛する"

鷺島国際開発業者 滕王阁不動産開発有限公司 副社長 徐氷は昨日、正式回答を出した。
"歩行者天国ではスポーツカーが駐車可能で、価格た高くても低くても、400万元でも20万元でも
可能である。"
普通のセダン、100万元以上のスポーツカーでないセダンは地下駐車場に駐車できる。

徐氷は、2011年11月、歩行者天国を開いたとき 開発業者で志を立て、それを条約集として作った
”スポーツカー、音楽に投資" それは 上海流の風格がある特色文化街である。
この様な位置づけにより、自然に多くの喫茶店、音楽バーの加盟を引き寄せた。
同時にスポーツカーは独特の風景を作る。同様に多くの市民の注目を集める。
おおくのスポーツカークラブはここを集合場所としている。しかしスポーツカー運転手は
報告する。地下駐車場の減速帯は高さがあり、車高が低いスポーツカーは容易に傷がつく
そのため、開発業者はスポーツカーを歩行者天国に駐車する規定を作りだした。
徐氷は、このことは"貧困を嫌い、富を愛する"ことの意味はなく、開発業者が作った
自分たちの商業グループの戦略である。
彼はまた次のように強調した。
どんな市民もみな歩行者天国で買い物ができる。開発業者は歩行者天国の主要な交差点に
表記を提示し、警備員に車両進入管理を強化するように要求する。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。