ホワイトカラーの年収は高い?


中国、ホワイトカラーの給与の調査結果が発表されました。
物価を基準に判断することになりますが、中国の物価、とくに都市部の住宅価格
は日本とあまり変わりませんので住宅価格比を見ると低いと言えます。

記事
上海のホワイトカラー平均月収、7112元、24都市中、一位

昨日、智聨招聘が発表した<<2012春季職場才能報告>>にて
我国 24都市の給与調査で判明した、上海のホワイトカラー平均月給は7112元で首位である。
二位は深センで平均月給、6786元、三位は北京で、平均月給5453元である。
業界別では、エネルギー、自動車、石油化学工業がホワイトカラー給与の高い三大業界である。

調査によると、ホワイトカラー平均月給リスト、都市別トップ10は上海、深セン、北京、
広州、杭州、南京、大連、蘇州、成都、厦門。
上海の平均月給は7112元で首位である。二位は深センで平均月給、6786元、
三位は北京で、平均月給5453元である.

データによると、上海の平均給与,報酬リスト トップ3の業界はエネルギー/鉱業、
自動車、石油化学であり、平均給与報酬はそれぞれ、9711元/月、9644元/月、
9218元/月である。

これは深セン及び北京と違いがある。深セン平均報酬、トップ3業界は通信、
金融/銀行/保険/証券、エネルギー/鉱業で給与報酬は8488元/月,8240元/月,8229元/月。
北京平均報酬トップ3業界は順次、通信業界、不動産/建築/内装、
金融/銀行/保険/証券で、給与報酬はそれぞれ、7633元/月、7095元/月、6950元/月。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347215335

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。