客室乗務員が携帯電話を使用し停職


10月13日、午後11時頃、インターネットユーザー“@扣脚女汉”のミニロブログに発表によると、中国国際航空と山東航空のコードシェアSC4912便、ウルムチ発、銀川行きが空港から飛び立ち水平飛行に移った後、客室乗務員による安全ベルトの着用と携帯電話、電子機器の電源をOFFについての案内を放送があった。この時、インターネットユーザー“@扣脚女汉”は、客室乗務員長とファーストクラスの客室乗務員が携帯電話の電源をONし操作していることを発見した。この両名(女性)は30分間にわたり携帯電話を操作していた。

“@扣脚女汉”による詳細報告では、飛行機が銀川空港に到着後、この両名に、"飛行機が水平飛行に移った時、国家民航総局には、携帯電話の電源をONしてはいけない規定は有りますか?"と尋ねた。客室乗務員は、それは電源をONすることは許されないと答えた。その為“@扣脚女汉”は更に、"それならば、なぜあなた達は携帯電話を操作していたのですか?”と尋ねた。尋ねられた乗務員はあっけにとられていた。

このミニクロブログは多くの関心を集め、あるインターネットによると、これは命をもてあそんでいる、飛行機登場中は携帯電話を使用してはいけないことは、一般旅行客では常識である。この客室乗務員は率先して規定をまもらなければならない。

インターネットユーザー@核桃杏仁露は、中国の飛行規定でも不可能である、何回も強制的に制止された。しかし、水平飛行に移行した後は、携帯電話以外の電子機器は使用可能である。そうだとしても、ミニブログの投稿者が携帯電話の電源をONにして、写真撮影するしないに関わらず。客室乗務員の間違いは。一般旅行客より重いと言える。

10月14日、山東航空は調査により事実を確認し、10月13日のSC4912便の客室乗務員は飛行中に携帯電話を使用していたことを認めた。乗客による報告は事実である。と回答した。また、乗務員は民間航空の関連安全規定に違反並びに、山東航空客室乗務員服務規範管理規程に違反した。これにより、この客室乗務員は停職とし、調査を進め処置をとると報告した。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。