汚染企業を名指し発表


10月12日、環境保護部は新聞発表の席上で、72社が排出基準超過により名指しで批判された、その中にはは、中铝(中国铝业股份有限公司)、中电投(国电力投资集团公司)、中国第一重型机械股份有限公司等、有名な央企(中央国有企業)と多くの一部上場企業があった。

注意する必要があったのは名指しされた企業の中に、あろうことか環境保護施設である汚染処理場の8社が名前があったことである。これら汚水対策をする企業でありながら、廃水を集中して排出する通路となっていた。

公衆環境研究センター主任、马军は每日经济新闻の記者に対し、一部の汚水処理場の処理方法が基準に達していないか、大量の汚水を完全に処理出来ない、これが汚水処理場が汚染を排出企業となる主要な原因である。と語った。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377613211

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。