深センの公園湖で魚が大量死


shenzhen_R.jpg

深セン昔の心プロジェクト、今では公園内の湖に沢山の魚の死骸。

 事情通は汚染の為、関連部門の説明は、公園内内の湖の水位が下がり魚の密度が上がった為。
 11月4日、読者の情報提供によると、深セン光明新区公明街湖城市の公園内湖で大量の魚が死に、異臭を放っている、問題は周辺の工業汚水と生活杯数が湖に流入した為である。

 羊城夕刊の記者は現場に急行すると、湖の西側に大量の魚が浮いているのを発見、死んだ魚を片付けている清掃員によると、死んだ魚は約7,500kg、魚の大量死は10月20日頃が発生、主な原因は汚染である。ここ数日、毎日、死んだ魚を片付けていると語った。

公園内湖の水は死んだ水であり、雨水と流入河川の汚水が水源である。ここ数日、深センでは雨が降っておらず、湖水のほとんどが汚染水となった。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。