2013年全国27省区市の最低給与基準は平均17%上昇


国務院報道弁公室が発表した<<2013年中国人権事業進展>>白書によると中国労働者権利は保証されており、013年、全国27省区市で最低給与基準が平均で17%上昇したと指摘している。

白書によると、就業圧力の大きい状況下で中国の就業優先戦略により、健全な経済動向、発展の基礎である高品質な就業機会が確実に増加している。2013年都市部での就業人口は1310万人増加、2012年比44万人の増加であった。また都市部失業率は4.1%という低水準を保持している。

おなじく白書では次の様に指摘している。中国は技能訓練に注力しており、2013年、全国の政府補助金による職業訓練は延べ2049万人。都市部で登録されている失業者訓練は398万人。農村部労働力は援助により緩やかに就業に移行している。農村より臨時労働者を募集する特別興行は2万回以上、農民労働者訓練は延べ938.4万人である。

これ以外に、2013年全国末端組織と労働者権利保護機関は急速に発展。2013年まで各地の市町村労働紛争での仲裁、調整は60%に達し同期比10%増加。労働人事争議仲裁委員会組織の創立は91.6%。全国労働人事争議仲裁院の創立は72.7%。同期比20%増加した。

給与水準上昇、就業率増加、それに伴い労働問題も増加傾向にあるようです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397986154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。