ペプシコーラの発がん性物質


ペプシコーラに発がん性物質が含まれていることが判明。

米国の環境団体、環境健康センターによる最新ニュースによると、ペプシコーラは1年以上前に約束した、コーラ飲料に含まれている発がん性物質への対応をまだ果たしていない。ペプシコーラによると、世界食品監督管理機関は、皆がこの飲料は安全だと認識している。しかし会社はすでに技術改善により製品中の発がん性物質の除去を計画した。

2011年、米国カリフォルニア州は "4-メチル基イミダゾール"を発がん性物質の可能性があるとし、食品や飲料に含まれる29マイクログラム以上の"4-メチル基イミダゾール"は警告表示をする必要があると規定した。コカコーラとペプシコーラは、2012年3月承諾、カラメル色素生産技術の改善により、コーラに含まれる"4メチル基イミダゾール"を除去し、カルフォルニア州の法律に適合させることを承諾した。


環境健康センターの声明によると、今年6月、この団体がカルフォルニア州以外の10の州でペプシコーラとコカコーラを購入し独立機関で検査した結果、ペプシコーラのサンプルに高水準の"4-メチル基イミダゾール"が含まれていることを発見。含有量はカルフォルニア州規定の安全水準の4-8倍以上であった。コカコーラのサンプルには、微量の"4-メチル基イミダゾール”を含有、もしくは含まれていなかった。

中国でもこの様に報道されていました。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。